ロータリークラブ概要

ロータリークラブとは

ロータリークラブは1905年に創立された、社会のため、人々のために役に立ちたいと考える異業種の職業人の集まりです。

現在、世界200以上の国と地域、クラブ数35,399、会員総数1,207,913人(2016.7.1現在)に亘って組織され、政治、宗教、イデオロギーなどに縛られることなく活動しています。

ロータリークラブ会員は、自分自身と、自分の職業の価値と品位を高め、会員相互の親睦を基本として、情報や意見の交換、地域社会への奉仕活動などを目的としています。

そして、これらの奉仕活動をすすめるためにいくつかの会合があります。


ロータリークラブの始まり

ロータリークラブは1905年2月23日アメリカ・シカゴにて弁護士のポール・ハリスによって友人のシール、鉱山技師のローア、そして洋服商のショーレーの4人のメンバーで発足しました。

ポール・ハリスは職業柄依頼人のなどの人々と話をする機会を多く持ちましたが、話の内容の多くは自分本位の私利私欲に満ちたものが多く、まして同業者同士では互いに疑心暗鬼の中に相互の不信感の強い、嫌な話ばかり聞いて心を傷めておりました。

そうした折りに職業の違った数人の友人達と話をする機会に、皆が安心して本心からの話になって行くのにヒントを得て、「一業種一人」それぞれ仕事の違った人々でクラブを作ればきっと楽しい有意義な会になるのではないかと考えて、上記の3人の友人と相語らって作ったのがロータリークラブの始まりです。


名前の由来

当初は会員の職場を会場として順番(Rotation)に例会を開催したことから、ロータリークラブ(RC)と名づけられました。


国際ロータリー(ROTARY INTERNATIONAL[RI])

1919年に東洋初のマニラRCが誕生し、1920年に855番目のクラブとして東京RCが誕生しました。

1921年に1000クラブに達し、1922年にはロータリークラブ連合会は発展的解消をし、国際ロータリー(ROTARY INTERNATIONAL[RI])が統括する機関として作られました。


SERVICE

ロータリークラブでは、「他に対してつくすこと」「役に立つこと」を『奉仕』といっております。そこから相手の身になって行動することを、「奉仕の理想」(THE IDEAL OF SERVICE)と表現しています。


SERVICE(五大奉仕)とは

1) ク ラ ブ 奉 仕 会員同士良く知り合い、クラブを円滑に運営すること
2) 職 業 奉 仕 自分の職業につくし、誇りをもち、そして業界の向上に努力すること
3) 社 会 奉 仕 世話になっている地域社会の発展向上につとめること
4) 国 際 奉 仕

ロータリーに国境なし。世界中のロータリアン同志互いに理解し助け合って、親善と平和につくすこと

5)青少年奉仕

異文化への理解を深め育む交換プログラムを通じて、世界平和を目指し指導力のある青少年ならびに若者を育成すること

四つのテスト
  1. 真実かどうか
  2. みんなに公平か
  3. 好意と友情を深めるか
  4. みんなのためになるかどうか
これは、1954年にRI(RotaryInternational)会長になったH.J.テーラー氏が、破産に瀕したアルミニウム製品会社の再建を引き受け、その立て直しのために考えた標語で、これを役員・従業員に厳守させ、立派に復興させた時のものです。


ロータリーの綱領(Object of Rotary)

ロータリーの綱領は有益な事業の基礎として奉仕の理想を鼓吹し、これを育成し、特に次の各項目を鼓吹育成するにある


1. 奉仕の機会として知り合いを拡めること

2. 事業および専門職業の道徳的水準を高めること

あらゆる有用な職業は尊重されるべきであるという認識を深めること;そしてロータリアン各自が職業を通じて社会に奉仕するためにその職業を品位あらしめること

3. ロータリアンすべてがその個人生活、職業生活および社会生活に常に奉仕の理想を適用すること

4. 奉仕の理想に結ばれた実業人と専門職業人の世界的親交によって、国際間の理解と親善と平和を推進すること


ロータリーの綱領の解説

1. 奉仕を実践するために会員同志、ロータリアン同士の交流をはかって、お互い理解を深めること

2. 職業に貴賎なし。自分の仕事に良く励み、誇りをもち、そして自分の職業の向上に努力すること

3. 平素住民として、又職場としてお世話になっている地域社会の発展・向上につとめること

4. 奉仕の精神という共通の目的をもったロータリアンには国境はなし。世界中のロータリアン同志互いに理解し合い助け合って国際親善、世界平和に尽くすこと


▲ページの先頭へ戻る