会長挨拶

ロータリークラブへ ようこそ!

 

2019-20年度会長 有我信行
リスクコンサルティング株式会社 代表取締役

 

「世界で良いことをしよう!」
これは私たち東京豊島東ロータリークラブの2019‐20年度スローガンです。

 

 私たちは主にJR池袋駅周辺と豊島区東部に事業所または住居を構え、職業価値と品位を高める努力を惜しまない実業人・専門職業人の会員が、“ロータリーの目的”に向かって日々研鑽と親睦を図る世界規模の異業種交流組織です。

 

“ロータリーの目的”

  1. 職業上の高い倫理基準を持ち、社会に奉仕する機会として各自の職業を高潔なものとする。

     

  2. 知り合いを広めて、奉仕の機会を作り上げる。

     

  3. ロータリアン一人ひとりが個人として事業や社会生活において「奉仕の理念」”Ideal of Service”を実践する。

     

  4. 「奉仕の理念」”Ideal of Service”で結ばれた職業人が世界的ネットワークを通じて、国際理解、親善、平和を推進する。

     

要約しますと、ロータリーの「奉仕の理念」”Ideal of Service”という共通の考え方を持った誠実な職業人(ロータリアン)の集まりが、ロータリークラブです。

 

 この忙しい時代に、ビジネスマン達が貴重な時間と費用をかけて「良いことをしよう」という想いだけでつながり行動しているクラブライフを、あなたもご覧になってみませんか。

 

 例会は原則、毎月第1第2第3水曜日12時30分から13時45分まで池袋メトロポリタンホテルで昼食を取りながら奉仕活動のアイデアや報告を交わし、ロータリークラブならではの知的好奇心を満たす「卓話」で学び、自己研鑽と親睦を図っています。見学やゲスト参加は大歓迎です。

 

 「ロータリーは奉仕をする団体ではなく、奉仕をする人々の集まりである」とも言われています。しかし、この奥ゆかしい表現が時代の要請に対応できず私たちの手足を縛っていることも現在の課題であると私は思います。

 

 世界中のロータリー会員のつながりで、けっして一人では実現出来ない大きな事業に組織として挑戦することもロータリー活動の醍醐味でもあります。今こそ新しい人々とのつながりを効果的に使い、民間ならではの効率の高い貢献行動を起こすことは良い変化を促すためにも重要です。情報化時代の今、インターネットを介した様々なコミュニケーションツールが生まれ、一人ひとりの個人的な奉仕活動も工夫次第では、全世界を相手に発信し多くの共感を勝ち取り、一大ムーブメントへ昇華させることも可能な時代になりました。年齢性別を問わず、志をともにできる仲間を私たちは求めています。

 

 今や人生100年の時代を迎えようとしています。日々の生活に、職業生活に、社会生活に、「奉仕の理念」”Ideal of Service”を学び、磨いたキャリアを活用して更に充実した人生をご一緒に送りませんか。そして「奉仕の理念」で結ばれた世界中の実業人と専門職業人との親交によって、国際間の理解と親善と平和を推進して参りましょう。

 

 私たちは、このロータリー精神を胸に「世界で良いことをしよう!」をクラブの合言葉にして、令和の新時代に相応しい東京豊島東ロータリークラブを創って行きます。さあ、ご一緒にロータリーライフを楽しみましょう。

 

【国際ロータリーの理念】(声明文)
「ロータリーとは人道的な奉仕を行い、全職業界における道徳的水準の高揚を奨励し、全世界に善意と平和を築くために、国際的に結ばれた職業人の団体である。」

 

【著名なロータリー会員】
松下幸之助(大阪RC)・千 玄室(京都RC)・瀬戸内寂聴(徳島南RC名誉会員)・ ジョン・F・ケネディ(ハヤンニス)・ジョージ・ウォーカー・ブッシュ(ワシントンDC)・ウィンストン・チャーチル(ロンドン)・マーガレット・サッチャー(ウィストミンスター)・トーマス・エジソン(オレンジ)

 

▲ページの先頭へ戻る